東西医会 ブログ

医療法人財団 東西医会 草加整形外科内科&小泉医院 遠絡統合医療センターからの情報発信です☆

帯状疱疹╱帯状疱疹後神経痛╱PHN

帯状疱疹後神経痛 自分でケアする方法

帯状疱疹後神経痛(PHN)は、皮膚の表面がピリピリ・ビリビリするような電撃痛や火であぶられているような灼熱痛、剣山でグサグサ刺されるような疼痛、体の中や奥でゴワゴワ・つっぱるような牽引痛・鈍痛など様々な痛みの症状が出ます。 当院で提供している…

帯状疱疹後神経痛 遠絡療法で改善されつつある患者様のインタビューです!

帯状疱疹は、ウイルスによる神経へのダメージの度合いにより、 全くあとかたもなく良くなる方から、定期的に襲われる劇痛の波に うめき声を押し殺して痛みに耐えざるをえない方まで、 後遺症の神経痛の状態に大きく個人差があります。 この患者様は、発症後2…

帯状疱疹後神経痛の患者様に俳句をいただきました☆

「昨日より やわらぐ痛み 梨をむく」 「遠絡療法に古希の身預け秋の風」 「じわじわと痛み遠のく秋の雲」 俳句を下さった患者様(女性 76歳)は、今年の4月に左の顎から首、耳の後ろにかけて帯状疱疹を発症。その後、神経痛が後遺症として残りました。耳の後…