東西医会 ブログ

医療法人財団 東西医会 草加整形外科内科&小泉医院 遠絡統合医療センターからの情報発信です☆

「ME╱CFS 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 啓蒙ドキュメンタリー映画の上映会 に参加して参りました☆」

「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 啓蒙ドキュメンタリー映画の上映会 に参加してまいりました」
 
東京都新宿区で開催された 「ME╱CFS 筋痛性脳脊髄炎╱慢性疲労症候群」の患者様たちの、日本での現状と正しい理解を啓蒙するためのドキュメンタリー映画上映会に、
当院院長の小泉正弘医師・堂下佐知子治療師・寺木啓祐治療師の3人が参加しました。
 
世界的には「神経内科疾患」として病因・病態が解明されつつあるME╱CFSが、日本では精神科疾患のひとつのように捉えられ、医療機関や行政、家族を含めた周辺の人たちからも理解されずに多くの患者さんたちが孤立しているということを知りました。
 
医療従事者が、正しい知識と患者さまがおかれている現状を知る必要があると感じました。
 
 下記、小泉正弘からのメッセージです。
 
「ドキュメンタリー啓蒙映画に参加させていただきました。
 
ME╱CFS 筋痛性脳脊髄炎╱慢性疲労症候群は、検査所見で、脳の血流の低下、リンパ球の異常などが見られます。しかし、脳の器質的な病気、つまり手術を要する病気ではありません。
 
保存療法が主流ですが、現在のところ
 
①和温療法  :血流促進、新陳代謝促進作用
②Bスポット療法 :上咽頭炎の炎症を取る
③遠絡療法  :延髄と頚髄の境目のアトラスの炎症を始め、橋、中脳、視床視床下部
        大脳辺縁系、大脳皮質の炎症、「気、血, 水」の流れをよくすることで、
        症状を軽快することが出来ます。
 
映画を制作、出演された患者さん方に敬意を表します。
 
一人でも多くの患者さんの治癒を祈念し、当院としても遠絡療法やBスポット療法を介してお役に立てるよう力を尽くしていきたいと考えます。」
 
お悩みの方がいらっしゃいましたら、どうぞご連絡下さい。
 
※写真は、当日紹介された、「Bスポット療法と遠絡療法を組合せた治療にて、ME╱CFS 筋痛性脳脊髄炎╱慢性疲労症候群 の患者さまの症状が改善した症例報告] の様子です。

f:id:koizumitougouiryou:20180130203814j:plain