東西医会 ブログ

医療法人財団 東西医会 草加整形外科内科&小泉医院 遠絡統合医療センターからの情報発信です☆

CRPS(複合性局所疼痛症候群)リリカの効かない患者様にこそ遠絡療法が効果的です!

https://youtu.be/nmS2zj6rqBs

 

この動画の患者様(45歳男性)は、2年前の背中の手術直後より腕から指先の痛みとしびれで握力が出せなくなりました。CRPSと診断を受け、リリカその他の薬を飲んでいましたが効果なく中断していました。2年たって、今度は右肩から指先にも同様の症状が出て同じく握力が出なくなり、仕事を休まざるを得なくなり当院を受診されました。結果は、ごらんになっての通りです!

 

CRPS(複合性局所疼痛症候群は、

 

「触るとビリッとくる電撃痛」

「焼けるように熱く感じる灼熱痛」

「鉄条網でギリギリ縛られているような痛みと痺れ」

 

手術や怪我がきっかけで創部が治癒しても神経線維のダメージが残り、

いつまでも。いつまでも 何か物が触れたり体重を乗せたり

異常な痛みが突き抜けます。

 

外から見ても、まったく異常が無いように見えるので、

その痛み・痺れのつらさはご本人にしかわからず、

精神的にもかなりつらい状況で悩んでいる患者様が多い。

 

リリカという大変良い薬の登場で

以前よりはコントロールしやすくなったと言われていますが、

そのリリカの効かない患者様にこそ、遠絡療法は効果を発揮します!

 

その秘密を知りたい方は、ぜひ当院をご受診下さい!

お問合せはこちらです

神経障害性疼痛/複合性局所疼痛症候群(CRPS)|小泉医院遠絡医療センター

 

 

遠絡統合療法にご興味のある医療関係者の方は、こちらのサイトをどうぞ。

 

日本遠絡統合医学会公式サイト|遠絡統合医学で難病治療に貢献する

 

遠絡(えんらく)療法 総合サイト|遠絡療法に関する案内とセミナー情報